占い師挽回の切り札?新生愚者のタロット

魔方陣の効果時間が修正されているらしい?


ドラクエ10関係の情報をチェックしていたら、こんな話を見かけました。
「魔方陣の有効なタイミングが変化しているらしい」
というものです。
該当する技は、災禍の陣、暴走魔方陣、強化ガジェットなどなど。沢山ありますね。
SnapCrab_NoName_2017-9-12_18-52-20_No-00.png

いままで魔方陣は設置し終わって、乗っている対象にエフェクトが発生したタイミングから効果がありました。

それに加えて、陣を発動した瞬間に短時間だけ有効になるタイミングがあったとされています。
発動時に短い有効時間があり、数秒の無効時間があり、その後正式な効果時間が発生するということですね。

それが、今回のアップデートでひっそり変更されていて、最初の発動時のタイミングから有効時間がずっと途切れずに続くようになった。らしいです。
私自身はこの無効時間が無くなったことを確認したわけではありませんが、この情報を正しいものと仮定して話を進めることにします。

これは結構、大事です。
なにしろ、占い師のタロットにも魔方陣はあります。
月・星・愚者のタロットです。
実際にどのように効果時間が変化したのか、確認してみましょう。



愚者だけ効果時間が長くなっている!


タロットの魔方陣は元々の効果時間が短いです。
もし効果時間が変化するとしたら、本来の効果時間が短いものほど割合としては大きく変化するということになります。
なので、変更の影響が大きいんですね。

月・星・愚者タロットの効果時間は、
オーラなしで15秒
オーラありで20秒
と攻略本には記載されています。

実際に使ってみます。

SnapCrab_NoName_2017-9-12_2-16-12_No-00.png
愚者だと効き始めたタイミングが見えないので、月でまず実験してみました。
タロットを使用して、魔方陣が地面に広がっていく途中で、もう幻惑が掛かっています。
もっと早くから効き始めているかもしれませんが、仮にこのタイミングを開始として考えてみます。

SnapCrab_NoName_2017-9-12_2-22-16_No-00.png
愚者の魔方陣が効き始めてから、消えるまで、約20秒でした。
オーラの愚者の場合は、25秒でした。
攻略本の記載より、5秒長くなっています。

15秒だった効果時間が20秒になったなら、割合としては33%アップです。
これは大きいでしょう。
一律5秒伸びるのかな?とおもいましたが、よく見るとどうもそうではないようです。

月と星のタロットだと16秒で消えてしまいます。
オーラだと21秒です。
明らかに愚者よりも、発生している時間が短いです。
効果時間が増えていない、と言えるかもしれません。

3種のタロットの中で、唯一愚者のタロットだけが強化されています。
(月と星も即効性が上がったという意味では強化されてはいます)
以前に作った動画でも確認してみます。

これでみると、当時は月・星・愚者いずれも発生している時間は20秒です。
月と星は今回の変更に伴い、発生している時間が短くなっているんですね。
しかし、愚者だけは変わっていません。

SnapCrab_NoName_2017-9-12_18-38-30_No-00.png
災禍の陣の時間もチェックしてみました。
発生してから消えるまで、25秒。

災禍の陣を使っている動画を探してみました。

災禍の陣は以前から25秒で消えていますね。
効果の発動が早くなったのなら、愚者とおなじく実質的な効果時間は伸びた、と言えそうです。
攻略本には25秒と書いてあるので、以前は実質的な効果時間は攻略本記載の効果時間より短かったということですね。

まとめると
月と星のタロット

・効果の発生が早くなった
・効果の持続時間は変わっていない(陣のある時間が短くなっている)

愚者のタロットと災禍の陣

・効果の発生が早くなった
・効果の持続時間が長くなっている(陣のある時間は変わっていない)

新・愚者は占い師挽回の切り札になるか


愚者のタロットの能力はダメージアップ。
パーティ全体としてのダメージの強化こそが、補助役のもっとも大事な役目です。
効果時間が伸びたのは大きな変化だと思います。

愚者の強さは、効果時間内にどれだけダメージを与えるか次第です。
いままでは効果時間が15秒しかなかったので、増やせるダメージ量もそれほど多くなく、陣をわざわざ使うデメリットも考えれば、占い師自身が攻撃したほうがいいという考えになりやすかったです。

これが20秒になれば、さすがに4人パーティでも多くの場合は占い師ができる1回の攻撃よりもダメージアップ量は多いでしょう。
他のダメージ増幅効果と重なり、攻撃が強力になればなるほど、さらに効果はアップします。

魔法戦士の大強化があったことで、占い師は攻撃面でやや遅れをとっている状態です。
新しくなった愚者は、今後の占い師が挽回していく為の切り札になってくれるかもしれませんね。


ランキング応援お願いします!


スポンサードリンク




この記事へのコメント

  • 売れない師

    設置型のスキルで味方に良い効果をもたらすもの(ガジェットや暴走魔法陣、今回の愚者等)は、前判定というものが存在します。
    設置を終えて効果が発揮されるより前の、特定のタイミングのみ、数秒だけ効果が有効になる隠し判定の時間があるんですね。
    前回のアプデから、この隠し判定が無くなり、隠し判定のタイミングからずっと効果が発揮されるようになった模様です。
    結果として、隠し判定から実発動までの効果時間の分だけ、延長されることになりました。
    今までは知っていれば、1ターンとはいえ他の人よりダメージを多く与えられていたので、これもおそらく格差是正の一環ですかね。
    2017年09月13日 13:57
  • Haresa

    たぶん格差是正みたいな深い意図はないだろうとおもいますが、性能が大きく変化しているものがあるのには注目ですね。
    2017年09月14日 07:38