レグナードデッキを使いこなす

デッキを使いこなす


SnapCrab_NoName_2017-9-13_11-20-57_No-00.png
レグナード用のデッキ自体は前回まででかなりいい感触のものが出来てきています。
ただ、私自身がまだしっかり使いこなせていない感じがあります。
改めてデッキを使い込んで、ちゃんと実力を発揮させたときのポテンシャルを確認していきたいと思います。

実力を測るのに良い構成は


攻撃役としての地力を確認するのに丁度良いのは、魔法使いと組むことです。
魔法使い側から占い師側へダメージを増加させるような要素が少ないので、組んだ相手次第で自分のダメージが上下してしまうということがあまりないからです。

SnapCrab_NoName_2017-9-13_11-36-38_No-00.png
この構成でどの位ダメージを出せるかで、地力の攻撃能力を測っていきます。
トータルで与えたダメージをクリアにかかった時間で割った、1秒当たりのダメージ速度をチェックします。

いままで試してきたデッキだと、
スウィートバッグを中心にしたデッキでは、速度は115くらい。
今回のデッキのような、キングエレファントと悪霊の神々を組み合わせたタイプでは125くらいまででした。
ですが、まだ使い方次第で伸びる余地がありそうです。
野良募集パーティで試してきました。



好成績をマーク!


SnapCrab_NoName_2017-9-13_11-46-48_No-00.png
このパーティでのクリア時間は10分38秒。
総ダメージは85253で、ダメージ速度は134でした。
今までよりだいぶ速度を伸ばしましたね
この速度は、一人だけで攻撃するとしても19分弱でレグナードを倒し切れる速度です。
パラ+占い師みたいな構成での二人討伐も不可能ではないだけの地力があるということですね。

今まで考えてきたレグナードデッキの集大成として、かなり満足のいくものになったと思います!

完成したデッキと使用する装備


完成したデッキはこちらです。
SnapCrab_NoName_2017-9-13_16-3-58_No-00.png
前回の記事で作ったものと同じですね。
悪霊の神々+デュラン+キングエレファントとダメージ強化に優れるモンスターを全力投入しています。
使用する攻撃タロットは魔力系が主体です。
常闇の聖戦では属性ダメージは軽減されるのでその点では戦車が有利なのですが、
戦車を中心にすると死亡時に大ブレーキが掛かってしまいますし、手数も少なくなって怒りを取りにくくなります。
手数の少なさは、占い師x2構成との相性の悪さにもつながります。(テンションアップが途切れやすい)
レグナードにはこちらの方が向いていますね。

使用する装備です。
SnapCrab_NoName_2017-9-13_15-44-10_No-00.png
武器にスライムウィップで攻撃魔力重視です。
ベルトは闇ダメージ12%+会心率2%というものを使っています。
残念ながら手持ちにはありませんが、
もし闇だけでなく光や雷のダメージアップもついたベルトが手に入れば、かなりダメージ強化になりますね。

スキル配置です。
SnapCrab_NoName_2017-9-13_15-43-39_No-00.png
SnapCrab_NoName_2017-9-13_16-0-50_No-00.png
魔王のいざないをうらない170にセットして、180には特技ダメージ+20です。

ダメージアップさせる使い方


ダメージをより多く与えるために、意識してみたポイントです。

悪霊の神々を手札に揃える

SnapCrab_NoName_2017-9-13_13-55-26_No-00.png
まずはこれです。
悪霊の神々を手札に残すように手札を使っていきます。
悪霊の神々は揃うとテンションアップ+テンション維持でダメージ加速の効果大。
魔王のいざないを使わないで揃えると、手数が減らないので普段よりもさらにお得です。

魔王のいざないは残り山札2枚で使う

SnapCrab_NoName_2017-9-13_14-10-4_No-00.png
魔王のいざないを使うのは、残り山札が2枚になったタイミングです。
ここからバズズ・デュランと使った段階で、山札が16枚に戻ります。
山札が16枚に戻る直前に魔王のいざないをすることで、悪霊の神々とデュランの能力を再利用しようというわけです。

SnapCrab_NoName_2017-9-13_12-0-41_No-00.png
さらに、アトラスとベリアルを手札に残しているので、次の悪霊の神々が揃うのも早くなります。

キングエレファントを使い切る

残り山札の枚数と、キングエレファントが現在山札に何枚残っているのかを意識することが大事です。
手札には悪霊の神々を揃えるのが基本ですが、2巡目以降は早期に揃うことが多いです。
その場合は、次にキングエレファントを手札に貯めてオーラで使うのがベターです。
SnapCrab_NoName_2017-9-13_14-36-43_No-00.png
こんな感じですね。

…なんですが。
貯めすぎも実はもったいないんです。
山札2枚になった時点で魔王のいざないを使いますので、その時点ではキングエレファントは使い切っているのが望ましいんです。
キングエレファントは強力なモンスターなので、これを使わずに残したまま魔王のいざないで流してしまうのは損なんですね。
SnapCrab_NoName_2017-9-13_11-57-17_No-00.png
残り山札が6枚になったら、まだ山札にキングエレファントが残っていてオーラにできる可能性があるとしても、見切って使っていくほうが良いです。
この場面、私は欲張ってミケまどうの罪人を使っていきましたが…

SnapCrab_NoName_2017-9-13_11-58-52_No-00.png
その結果、残り3枚の時点でこうなってしまいました。
キングエレファントが1枚使い切れずに残ってしまいましたね。これは悪い例です。

すばやいコマンド入力

単純ですが、ダメージ速度に大きく影響しそうなのがこれです。
このデッキは2回行動がよく発動する上に、装備でも死神のピアスを装備しています。
どちらもターンがすぐさま回ってくるようになる効果があります。
こういう状況では、コマンド入力の遅れがダイレクトに速度低下につながります。
(→疑似ビーストモード?2回発動とターンの関係

手札を使う順番を間違えると損しますが、判断と入力はすばやくしないといけません。
このあたりがレグナード攻撃役をやるときの面白さですね。


ランキング応援お願いします!



スポンサードリンク




この記事へのコメント