攻撃集中のレグナードオールスターデッキ

占い師の向いている役割


占い師.jpg

占い師の最大の特徴は、デッキです。

占い師はデッキに入っているタロットしか使えません。
そして、アルカナ・モンスターどちらも種類ごとにデッキに入れていい枚数に制限があります。
死神20枚のデッキで毎ターン強力な範囲攻撃とか、太陽連発する回復役みたいなことはできません。
タロットは個別にみれば性能は高めなかわりに、特定の行動に特化することは難しいということですね。

このことから、占い師は基本的には補助役に向いています。
補助役の目的はパーティの能力を底上げすることですが、手段やタイミングは割と自由が効きますからね。

手札によるデッキの圧縮効果


占い師は補助役以外にも、攻撃役にもけっこう向いています。
理由は攻撃タロットは種類が多く、合計すればそれなりにデッキに多く入るからです。
しかしそれでも、純粋な攻撃役を目指すにはデッキの20枚に対して十分とは言えません。

デッキは20枚。
その内10枚しか目的のタロットを入れられないとして考えてみてください。
その場合、お目当ての行動は2回に1回の割合となるようなイメージを持つかもしれません。

ですが、実際にはちょっと違います。手札があるからです。
手札にあるタロット4枚のうち3枚は、使わずにただ持っているということができます。
実はデッキにあるタロット中、使わないといけないタロットは17枚なんですね。

つまりやりようによっては、お目当ての行動は17回中10回にもなります。
このように、手札を利用するとデッキの中身をある程度操作することができます。
今回はこれを意識して、攻撃の密度を高める攻撃役デッキを考えてみます。



レグナードデッキを考える


占い師で攻撃役と言えば、レグナード。パラディンを主役にした構成での遠距離攻撃役ですね。
魔法使いと同じ役目です。

テーマは、「(ほとんど)全てのターンを攻撃に使う」です。
余計なことを極力省いて、本来の役目である攻撃に集中することを狙います。
いままで作ってきたレグナード用デッキでも既にそういう狙いでしたが、さらにそれを突き詰めてみます。

攻撃タロットを増やす

今まで作ってきたレグナードデッキでは種類の多い魔力型のタロットを中心に構成していました。
今回はこれに加えて戦車も2枚追加して、攻撃タロットフル投入してしまいましょう。

戦車に必要なバイキルト状態は、武刃将軍の指輪で確保します。
力のタロットを入れることはしません。自分の攻撃だけのために1手余分に消費するのでは非効率ですからね。
武器もいままでは攻撃魔力が高いムチを採用していましたが、攻撃力もある武器に変えます。
今回採用したのは、弓です。
攻撃力で言えば棍の方が有利なのですが、私は手持ちの戦神ベルトが弓の方が充実しています。
SnapCrab_NoName_2017-11-12_3-21-10_No-00.png
こんなのですね。
棍用に良いベルトを持っている人なら、棍のほうが良いと思います。

持っているだけで効果のある手札

今回のアイデアのポイントは、手札に持っているだけで使わないタロットでしたね。
この考え方と相性がいいのがオーラです。

オーラで特に強力なのが悪霊の神々伝説の三悪魔
どちらかと言えば、悪霊の神々のほうが攻撃では強力なので、いままでは悪霊の神々+デュランという組み合わせをよく採用しています。

ですが悪霊の神々+デュランだと、各々能力が優秀すぎて手札での待機役に向いているのがベリアルしかいないんですよね。
この組み合わせだとアトラスが待機役になりやすいんですが、アトラス+戦車の組み合わせはレグナードでは強力です。
戦車も積極的に使いたい今回のテーマでは、オーラ用の手札にするのはもったいなさすぎなんですよね。
そこで、魔王のいざないをまったく使わない、
「オールスターデッキ」
のコンセプトを採用してみることにしました。
これなら、悪霊の神々と伝説の三悪魔を同時に採用できるので、アトラスが待機役になる必要がありません。

オールスターデッキの考え方については、こちらの記事をどうぞ。
(→新・魔王オールスターズ!

攻撃集中のレグナードオールスターデッキ


完成したデッキはこちらです。

SnapCrab_NoName_2017-11-12_0-50-8_No-00.png

オーラを作るための待機手札は、ベリアルとバラモスゾンビです。
女教皇は非常時用のタロットなので、基本的には使わないものです。(これは運命のほうが良いかもしれません)
皇帝も効果時間が非常に長いので、1回か2回使うだけで十分です。
この2種のタロットは普段は手札で持っているだけになります。

それ以外のタロットは、フル投入した16枚の攻撃と2枚の魔術師。
魔術師は相方の攻撃役の次のダメージを増幅するので、攻撃タロットにかなり近い性質のタロットです。

女教皇と皇帝は手札に待機でデッキの循環からは外れますから、
ほぼすべてのターンで攻撃かそれに準じた行動になるはずです。
オールスターデッキなので、魔王のいざないすらせずに攻撃に集中できます。

ちなみに皇帝は攻撃役の相方が魔法使いの場合用です。
占い師やバトマスと組む場合は皇帝よりも恋人が効果的なので、入れ替え用に恋人も持っていた方がいいですね。

使用例


このデッキでやってきたレグナード戦の動画です。



SnapCrab_NoName_2017-11-12_5-9-46_No-00.png
オーラを揃えるように考えながら、テンポよくどんどん攻撃していくのは、独特の楽しさがあります。
普段の補助役とは一味違うので、私はレグナード攻撃役がかなり好きですね~。

SnapCrab_NoName_2017-11-12_5-3-6_No-00.png
このデッキはミケ魔道を減らして修正後に対応したものになっています。
魔王のいざないとエンゼルの導きはそもそも使っていません。
それでも、攻撃能力は従来とほとんど遜色ない出来ですね。
今回もずいぶん余裕をもってクリアできています。

修正後は占い師の大きなアドバンテージだった射程距離が失われるので、
特別に魔法使いより優れるポイントは残念ながらほとんどなくなります。
とはいえ、魔法使いと同じポジションで参加しても全く問題ない程度の実力は十分あると思います。

いいね!のクリックはこちら

スポンサードリンク




この記事へのコメント

  • アストルティア防衛軍もこのデッキで行けそう?どのデッキ準備しようか考え中です
    2017年11月12日 18:40
  • Haresa

    >さん
    >
    >アストルティア防衛軍もこのデッキで行けそう?どのデッキ準備しようか考え中です

    一つだけデッキを作るなら、こちらの記事の汎用デッキがオススメです。
    http://www.haresa.news/article/454101385.html

    常闇の聖戦クラスのバトルではさすがに専用デッキが必要ですが、それ以外はほとんどこれで大丈夫だと思います。
    2017年11月12日 19:29
  • 対レグの中衛デッキってどんな感じがいいでしょうかね?
    パラ無しの物理レグで占で中衛しているのですが、どうにも不安定で4はまだ倒せていません。
    もう少し戦闘を安定させたいので何か参考にしたいです。
    2017年11月13日 20:52
  • Haresa

    >さん
    >
    >対レグの中衛デッキってどんな感じがいいでしょうかね?
    >パラ無しの物理レグで占で中衛しているのですが、どうにも不安定で4はまだ倒せていません。
    >もう少し戦闘を安定させたいので何か参考にしたいです。

    私はパラ無し物理レグというのはほとんどやったことがないので、イメージでの話ですが、
    戦士2占い師僧侶みたいなパーティで、外周をタゲ下がりしながら戦う感じだと想像します。


    デッキもダークキングやメイヴ用のデッキに近い形で良さそうですね。
    レグナードはHPが低いので、前衛が二人いるならあまり攻撃を重視しなくても良さそうです。

    運命と女教皇を手札に維持するようなデッキが良いかなという気がしますね。
    伝説の三悪魔+デュランで、
    デュランとキングヒドラに戦車。バラモス兄弟に運命と女教皇としたらどうでしょう。
    あとは力とか教皇とかを適当に。
    2017年11月14日 00:48
  • 攻撃も補助も回復もするから戦場を司る感が楽しいですよ
    まあこうやって欲張っているから安定しないのですが…。
    ご意見を参考に練り直してみます。ありがとうございました。
    2017年11月14日 01:39