常闇三種&邪神四獄・目的別Ver4対応デッキまとめ

目的別デッキのまとめ


占い師.jpg

今回はVer4後の修正に対応した、常闇の聖戦(レベル4)と邪神の宮殿四獄用デッキの紹介です。
これまで色々試してきたことを踏まえて、
現時点で私がオススメする各デッキと、簡単な使い方の解説をまとめておきます。
常闇三種には使用例の動画も載せておきました。

特定の目的に限らず、幅広く使えるデッキもこちらの記事で紹介しています。
(→バージョン4対応のオススメ汎用デッキ
興味があったらこちらの記事もどうぞ。




海冥主メイヴ


SnapCrab_NoName_2017-11-14_2-48-17_No-00.png

使い方

手札にSSSタロットを貯めるように手札を使っていき、残り山札が5枚程度になったら、魅惑の水晶球。
戦車で攻撃し、魔王のいざないから再び戦車
そして、新しい16枚の山札から再びSSSタロットを引いてくるのを待つというのが基本的な動きのデッキです。
節制でのMP回復能力も重視しています。
メイヴはレベル3以下だとギガデインの頻度が高いので、世界を増やすなどして下さい。

使用例の動画


この動画の録画後にまたデッキ調整したので、動画で使っているデッキは微妙に違っています。
差はすこしだけなので、動きはほぼ同じのはずです。

ダークキング


SnapCrab_NoName_2017-11-14_2-48-38_No-00.png

使い方

使い方は、メイヴ用デッキと同じです。
SSSタロットを手札に貯めた状態からの魅惑の水晶球と魔王のいざないで一気に攻撃します。
ダークキングではレーザーでパーティが崩れることが多いです。
運命審判の使い分けで、負けを遠ざける能力を重視しています。

使用例の動画


通常の4人パーティ用に作っているデッキですが、
3人討伐でも通用するだけの火力の余裕があることを確認しました。

常闇の竜レグナード


SnapCrab_NoName_2017-11-14_3-55-19_No-00.png

使い方

魔王のいざないは使用しません。占い180スキルには特技ダメージ+20をセットしてください。
指アクセは武刃将軍の指輪で戦車のためのバイキルトを確保します。
手札に悪霊の神々と伝説の三悪魔のオーラを揃えるようにしながら、毎ターン攻撃タロットを使っていきます。
このデッキではバラモスゾンビが皇帝になっていますが、これはもう一人の攻撃役が魔法使いの時用です。
占い師もしくはバトマスと組む場合は、バラモスゾンビは恋人に置き換えてください。

使用例の動画



邪神の宮殿・四獄


SnapCrab_NoName_2017-11-14_2-47-22_No-00.png

使い方

四獄の基本は、蘇生によるゾンビ戦法です。
序盤はわたぼうの運命などで凌ぎつつ、チャージ次第魔王のいざないをして審判を確保します。
あとは、審判が減るごとに魔王のいざないをすることで必要な蘇生を維持できると思います。
審判だけでなく運命も入れているので、少数の蘇生にはこちらを使って審判を節約しましょう。

いいね!のクリックはこちら

スポンサードリンク




この記事へのコメント