面倒ならこれ!100万点のスライム育成法

SnapCrab_NoName_2018-1-20_22-32-14_No-00.png
スライムレースで駆け引きとか育成方法とかを考えるのが面倒な人のために、
一発で高得点が取れるオススメのやり方を研究してきました。

その結果を実践したところ、100万Pを達成することができましたので紹介します。
まず、考え方の説明から書いていますので、結論のやり方だけ知りたい方は途中まで読み飛ばしてください。



平均して強い行動はなにか?


スライムレースでは、各スキルの間にじゃんけんのような強弱相性があります。
大きく分けて、攻撃・加速・防御の3つです。
攻撃は加速に強く、加速は防御に強く、防御は攻撃に強い、というのが基本的な関係です。

なので、常に確実に強い行動というのはありません。相手次第です。
勝つ確率を高めるには、平均して強い行動を選ぶのがいいはずです。

どんな行動が強いかは、レースのどのタイミングかも影響します。
それぞれ分けて考えてみましょう。

初手で強い行動


SnapCrab_NoName_2018-1-21_0-30-56_No-00.png
まず初手は他とは大きく違い、ここだけ4匹同時にスキルを使います。
防御系スキルは普段はタイミングが合わないと効果がないですが、初手だけは確実に攻撃を防げます。

なので初手は防御をする人が多いですが、裏をかいて加速系を使うのはリスクが高いです。
初手から攻撃をする人も結構いるからです。
もし初手ぼうぎょをせず、相手の攻撃に当たってしまったら、序盤から一人だけ大きく出遅れます。
ぼうぎょをしておけば、自分だけリードはできないとしても無難にスタートできます。

ということで、初手はぼうぎょが平均すれば強いと考えました。
ただし、他3匹が全体攻撃を全く所持していない場合だけは、加速を使うのが有利です。

2手目3手目で強い行動


次は中盤です。
ここで効果的なのは、攻撃だと思います。

全体攻撃を使ったとき、自分だけが損をする状況というのはほとんどありません。
3匹が攻撃して1匹だけが防御の場合はリードを許しますが、1匹だけです。
一番損な状況は、2匹攻撃2匹防御というときですが、これでも自分だけが損するわけはではないです。
1匹で攻撃をするなら、他3匹が何を選択したとしても損せず、基本的には得です。

防御を選択していても失敗することもあることを考えれば、平均して強い行動は全体攻撃でしょう。

SnapCrab_NoName_2018-1-21_0-32-43_No-00.png
こんな風に、防御は選択していたとしても機能しないケースも多いんですね。

4手目で強い行動


4手目はゴール直前という点で他とは事情が違います。

じゃんけん的な相性では加速は攻撃に弱い行動でしたが、ゴールに到達さえしてしまえば以後は攻撃を受けることはありません。
つまり攻撃を受ける機会を減らすことで弱点が補われているわけですから、
4手目で平均して有利なのは加速ということになります。

SnapCrab_NoName_2018-1-21_0-34-32_No-00.png
相手の攻撃が来る前にゴールに逃げ込み、残り少ないスタミナでの完走も可能にするので一石二鳥。

予選で有利なスライムを選ぶ


今回のコンセプトとして、時間をかけたくない人のために、
やり直したりせずに一発で高得点を出す方法を考えるというのがあります。

そのためにけっこう大きいのが、予選です。
ここで勝ちやすいスライムを選ぶことがまず大事になります。
このことから、スライムとスライムつむりはまず候補から外れます。
初期所持のスキルが弱く、予選で苦戦しやすいです。
げんきトールがあるバブルスライムは予選では結構強いですが、一番良いのはスライムナイトです。

本選で必要な、攻撃・加速・防御の3つの内、特に欠かせないのが攻撃です。
加速はなくても攻撃で代用できますし、防御は全員標準でもっています。
まともな攻撃スキルといえるのは、イオラ・バナナセット・ボミオスの3つだけなので、
イオラを標準で持っているスライムナイトはスキル習得の運に左右されずに本選を戦えます。

予選の戦いかた


では、やり方です。

SnapCrab_NoName_2018-1-20_23-56-8_No-00.png
スライムナイトを選び、まずはMPをCに上げます。

SnapCrab_NoName_2018-1-20_22-32-14_No-00.png
これ以後のポイント割り振りは、最終形がBBSAもしくはBAAAになるのを目指すように振りましょう。
今回の私の例では成功せずに、BBAA止まりになっていますね。残念。

SnapCrab_NoName_2018-1-21_0-1-52_No-00.png
次は予選での戦い方です。
まず、相手の初手の行動を確認します。
ここに全体攻撃がある、もしくは単体攻撃が2つ以上ある場合は初手に防御を入れてください。
残ったMPで4手目にイオラを置きます。
初手に防御を選択する必要が無かった場合は、3手目にもイオラを置いてください。

予選では基本的に、強いスキルを後半に使うのがいいです。
前半にリードしても、狙い撃ちされるからです。

SnapCrab_NoName_2018-1-21_0-0-30_No-00.png
ピオラを覚えたら、4手目はピオラにします。
こんな感じですね。

予選で覚えたいスキルは2つ。ピオラと急速回復です。
どちらも無くても戦えますが、あればさらに高得点が狙えます。
もしバナナセットを覚えたら、イオラと入れ替えてしまってもいいです。

本選の戦いかた


ここまでくれば、もうあとはシンプルです。

SnapCrab_NoName_2018-1-21_0-23-0_No-00.png
作戦は基本的に、全部これでOKです。
相手の所持スキルを確認して、イオラ・バナナ・ボミオス・げんきトール、どれも一つもない場合だけ、
初手の防御をピオラ、覚えてなければイオラにして下さい。

もしピオラを覚えていない場合は、4手目もイオラでOKです。

SnapCrab_NoName_2018-1-20_22-32-14_No-00.png
この作戦で、私は100万点を達成できました。
私のメインキャラは挑戦権がもうなかったので、倉庫キャラの方ですね。
100万点は行かなくても、安定して高得点が狙えるオススメのやり方だと思います。

のバナーをポチして応援よろしくお願いします!


スポンサードリンク




この記事へのコメント

  • きゃのん

    こういうのは期間中で傾向と対策が練られ、
    大きく変わって来るので正解はないと思います。
    予選はまあ敵が何を出すか「答え」が出てるので
    それに沿うだけであとは運次第
    問題は対人。管理人さんの確率の理屈で行くと、相手がカンタ持ちだった時点でイオラは使えません。カンタ持ちが増えたら防御イオラ作戦はアウトと言う事になります。
    これは明日にでも起こり得る事です。
    2018年01月21日 17:10
  • 名無し

    これをそのまま実践しましたが、3位4位しか取れませんでしたね。
    所詮は運ゲーですので、必勝法!みたいな紹介の仕方はダメでしょう。
    勘違いする人が出ますよ。
    2018年01月21日 19:55
  • なんだかんだ言って結果をしっかり出すところがすごいです。
    2018年01月21日 22:38
  • 今回最強は元気トールです。
    イオラの完全上位です。
    攻撃と同時に補給してますし、マホカンタ無効です。

    初手の防御は悪手です。
    序盤先頭に立つと単体攻撃の標的になってしまいます。初手はわざと食らって後方に付け、逆転する戦略が強いです。
    そこで、バブルスライムの元気トールが強いです。
    足の遅さが序盤に、後方の良い位置とるのに好都合です。
    序盤にあえて出遅れると、中盤良い感じにタイミングずらして元気トールで攻撃できます。敵の防御の切れ目に刺さります。
    敵のスタミナ切れたところで、加速してごぼう抜きし、最終区間に無敵アクセルかますと、無敵のまま自分のスタミナ切らさずゴールまで走り切れます。

    2018年01月21日 23:44
  • 色んな意見はあるけど結果出して記事ってるのはすごいわ
    どのブログもレース書いてるけど100行ってないしな
    2018年01月22日 03:51
  • 初手でもぼうぎょが不能なパターンがある程度存在します。
    もう少しシステム改善してほいですよね。

    ハレサさんの戦略システムを見る限り
    高得点が出やすいのは間違いないと思います。
    2018年01月22日 04:42
  • これ試してみましたが途中で敵にスタミナ吸われたりせずに4ハロンまでたどりつくとピオラ発動後すぐスタミナ切れしてせっかくのピオラが無駄になることが多かったです。
    2018年01月22日 23:40