ハレサレポート

ブログ移転で旧ブログのURLが変わっています。記事が見つからない場合はメニューの旧ハレサレポートへどうぞ。

魔方陣型タロットの置き直しが再び可能に

アップデート情報には書かれていませんが、バージョン4.2後から占い師の魔方陣の仕様が変化しています。

バージョン4.2からの仕様

まずは、今現在の仕様です。

f:id:Haresa:20180531204240p:plain

このように魔方陣が置いてある状態で、同じ魔方陣を出そうとした場合…

f:id:Haresa:20180531204519p:plain

タロットを選択すると、既に置いてある魔方陣は消え、新しい魔方陣が発動します。
選択した時点で消えるので、発動途中でキャンセルした場合も魔方陣は消えます。

バージョン4.0~4.1の仕様

ではバージョン4.2以前はどうだったのかというと、既に置いてある魔方陣と同じ魔方陣は選択すること自体ができませんでした。
ただし、この仕様もバージョン4.0のときに変更されていたものです。

haresa.seesaa.net

当時紹介した記事がこちら。

元の仕様に戻った

バージョン4.2後の変更は、実は占い師の最初からの仕様と同じです。元に戻っただけなんですね。
まったく告知されていませんでしたが、バージョン4.0~4.1期間の間の変更は、仕様変更ではなく単なる不具合だったのかもしれません。

オーラの扱いは変化なし

f:id:Haresa:20180531210136p:plain

おなじタロットの魔方陣でもオーラと通常の魔方陣は別物として同時に出せるのは、ずっと変わっていません。

ちなみに、オーラだけでなくBランク以下の魔方陣も通常の魔方陣とは別に出すことができます。なので同じ種類で最大3つの魔方陣を同時に出すことができるということですね。