ハレサレポート

ブログ移転で旧ブログのURLが変わっています。記事が見つからない場合はメニューの旧ハレサレポートへどうぞ。



マジックアローの利用を考える

f:id:Haresa:20180630195006p:plain

レベルⅡまでの聖守護者をやっていると、属性耐性低下がわりと効いていることがあることに気が付きます。

といっても占い師単独では、入ったらラッキー程度でそれを利用して何かするということはありません。

そこで今回注目したのが、マジックアローです。
マジックアローの追加効果の呪文耐性低下は、属性耐性低下と同じ敵の耐性を参照するからです。

呪文耐性低下のつよさ

呪文耐性低下という効果は非常に強力なもので、2段階で呪文のダメージを60%もアップさせます。
しかも、似たダメージ増幅効果の多くは効果時間が長くても30秒なのに対して、効果時間が120秒もあります。

聖守護者では魔法使い+占い師という構成でよくやっていますが、魔法使いは呪文耐性低下なし、かつ超暴走魔方陣を自分だけで出すという状況でも、占い師よりは火力が高い場合が多いです。

そんな魔法使いの火力を120秒間もの間60%アップさせる…
入る確率次第では、やる価値が十分にあるのでは?と考えました。

マジックアローの成功率

マジックアローを使うとしても、自分の手数を消費してやるわけですから、それで失われる分の火力を取り返せるのかどうかが問題です。
これはマジックアローの成功率がどのくらいか次第ですね。

まずはマジックアローの成功率を調べてみましょう。

f:id:Haresa:20180630201910p:plain

覚醒プスゴンを相手に、器用さ439・マジックアローの技巧レベル5+飾り石の占い師でマジックアローが成功する確率をカウントしました。

成功 失敗 成功率
128 211 38%

覚醒プスゴンの耐性は、公式ガイドブックによると「▼」で、これは0.25倍になる耐性だと思います。
ということで、耐性で軽減される前の成功率に直すと151%くらいということになりそうです。

聖守護者では?

そして肝心の聖守護者の耐性ですが、これは残念ながらまだ正確には分かりません。
いまのところ、体感からレベルⅡではガイドブックでの「▼▼」に相当するくらいの耐性ではないか?と思っています。
0.125倍~0.1倍くらいにされる耐性なので、この場合呪文耐性低下を入れるには5回ほど行動を費やす必要があるということになるでしょうか。

呪文耐性の効果時間2分の間に、魔法使いは10回は攻撃できるでしょう。その60%を上乗せしたなら、呪文耐性低下は魔法使いの攻撃6回分くらいの価値。
…うーん。武器を持ち替えする場合は、どちらがいいかかなり微妙な感じのラインですね。

レベルⅠでは役に立ちそう

聖守護者での敵の耐性は、たぶんレベルⅠではⅡよりも低いです。Ⅱでは微妙なラインですが、Ⅰではマジックアローは役に立つんじゃないかなと思います。
今後実際にどんな感じか試してみたいですね。ただ、Ⅲでは耐性低下はほぼ効かないので、活用は絶望的です。