ハレサレポート

ブログ移転で旧ブログのURLが変わっています。記事が見つからない場合はメニューの旧ハレサレポートへどうぞ。



調査続報と仮説・星のタロットの成功率

星のタロットの成功率に関する調査の続きです。

判定回数の合計

打撃完全ガード状態の相手には無効化されている判定が見える、ということなのでこれを利用して判定回数を確認することにします。

f:id:Haresa:20180711211757p:plain

ドラゴンガイアで試してきました。
オーラなしの星が打撃完全ガードされる回数は、11回でした。


ガイドブックには最大8回という記述がありますが、これはどういうことでしょうか。
もし11回判定されているなら、8回判定と仮定した前回の調査よりも成功率はさらに低いということになります。

この疑問はとりあえず置いておいて、次へ行きます。

耐性の一時的な上昇では?

眠りなどの状態異常を起こすスキルの多くでは、一度状態異常がかかると一定時間「耐性の一時的な上昇」が起こります。これの影響ではないか?というのがコメントにも書かれていますが、星のタロットの眠りは一時的な耐性上昇を起こさない、とガイドブックには書かれています。
ただ、これが間違いである可能性もあります。

一時的な耐性上昇があるかどうかを知るには、初回の眠りだけが成功率が高いことを確認する必要があります。

調査に時間がかかり過ぎないようにするために、魔導の書を利用することを思いつきました。
魔導の書状態は成功率2倍なので、耐性上昇が全くなければ、50%x2で100%になるので、星を使って最初の判定は必ず成功するはずです。
これなら時間をかけすぎなくても1回でも失敗が出れば違うとわかります。

f:id:Haresa:20180711211545p:plain

魔導の書がある状態から、星のタロットを何度も使いました。

f:id:Haresa:20180711214925p:plain

星のタロットの初回判定で眠りが成功したときは、このようにねむらせた!のログが星のタロットよりも上に来るのでわかります。
30分くらいこれを繰り返しましたが、一度も初回判定の眠りが失敗することはありませんでした。

初回判定は50%以上の成功率がある

のは間違いなさそうです。つまり成功率は初回以後は低下しています。

意外な事実を発見

この調査の過程で、意外な事実を発見しました。

こちらの画像をご覧ください。

f:id:Haresa:20180711211155p:plain

眠りが1回の星のタロットで9回発動しています。

公式ガイドブックの記載では、発動回数は最大8回とされていたのに、矛盾しています。これはどういうことでしょうか。

星のタロットの成功率仮説

  • ドラゴンガイアの調査では判定回数は11回
  • なのに、ガイドブックの記載では最大8回
  • 初回判定の成功率は記載通り50%(2回に1回)ある
  • 魔導の書状態で9回の発動を確認

以上のことから、星のタロットの成功率は…

初回50%で、発動毎に成功率が低下していくのではないか?

と考えると腑に落ちます。

どれくらい低下していくかですが、オーラなしの星の場合、ベースの成功率が50%。そして最大8回発動ということから、1回ごとに-7%とすると、発動7回後には50-49で1%になるのでぎりぎり8回発動が可能で矛盾がありません。-6%だと最大9回発動でき、-8%だと7回しか発動できません。

そして、魔導の書状態の時はベースの成功率が50%ではなく100%になっているので、8回の発動後にも成功率が44%残り、9回目の発動が確認できたということなのではないでしょうか。