ハレサレポート

ブログ移転で旧ブログのURLが変わっています。記事が見つからない場合はメニューの旧ハレサレポートへどうぞ。

ただのNPCではないサポート仲間

f:id:Haresa:20180803032803j:plain

開発・運営だよりの第43号が広場に掲載されましたね。
中身はVer4.5までのスケジュールで、先日の夏祭り2018で伝えられたものとほぼ同じです。

改めて見直して、夏祭りのときの記事では注目しなかった点をみていこうと思います。

f:id:Haresa:20180803145900j:plain

サポート仲間条件緩和?

気になるけど中身が分からないのが、Ver4.4の一番下にあるこれです。サポート仲間条件緩和と書いてありますが、何の条件なんでしょうか。
開発運営だよりにはこの項目への説明はありません。夏祭りの放送では少しですが言及があったのでその部分を見直してみました。

大きな変更で、サポート仲間に関してVer1から全然変えていなかったんですけど、こちらをそろそろ見直してもいいかなということで、Ver4.4から変更しようといまやっています。

f:id:Haresa:20180803145637p:plain

条件緩和という言葉からまず想像できるのは、雇うことができるレベルです。これをより高いレベルまで雇えるようにするということでしょうか。
ですが放送ではVer1から変えていなかったといっています。

雇えるレベルについてはチームとフレンドのレベル制限がなくなる変更がVer2で。だれでも自分のレベルより3上まで可能になる変更がVer3にあったはずなので、Ver1から変えてないという言葉とは食い違いますね。

他にあり得そうな条件緩和といったらなんでしょうか。

  • 登録状態を記憶して準備不要になる?
  • 貰える経験値などが増える?
  • 雇うことができる人数が増える?
  • 雇われることができる人数が増える?
  • 維持できる時間が長くなる?

うーん、この中ならあったら良いと思うのは、登録状態の記憶ですね。サポート仲間の一番面倒な点はいちいちそれ用のカスタマイズに変更しないといけない点ですから。

ただのNPCではないサポート仲間

AI操作のNPCというのはよくある仕組みですが、サポート仲間は他のプレイヤーが育成したキャラクターであるという点が画期的です。

AI操作なので直接一緒に冒険してはいないけれど、間接的にだれか他人と冒険している形になります。
他人と関わる煩わしさを軽減しつつ、他人の存在を感じる世界ができるというわけですね。

ただ、昔と違って最近はサポート仲間に雇われたからといって大していいこともありません。
もっとサポート仲間として使って貰うことが目標になるような報酬があると良いですし、雇われる側にも誰かと冒険したという感触が返ってくるといいです。

例えば、サポート仲間として雇った人に手紙のようなものでコメントできたりとかで、サポート仲間を介して人間同士の距離感をもう少し近く感じられたらいいですね。
報酬も今となっては価値が低いので、もっと独自の魅力があるものが欲しいところです。色々アイデアはあり得ると思います。