ハレサレポート

ブログ移転で旧ブログのURLが変わっています。記事が見つからない場合はメニューの旧ハレサレポートへどうぞ。



白宝箱はなぜ失敗したのか

f:id:Haresa:20180725095406p:plain

オールインワンパッケージのCMなどの効果で、ドラクエ10を新しく始める人もかなりいるようです。

f:id:Haresa:20180725102016p:plain

広場のページでも、普通に冒険しているだけでも大丈夫な親切設計だというようなアピールがされています。

ですが、私はそんな親切なゲームになっているとはちょっと思えないんですよね。今回はこれについて考えてみます。

普通に冒険すると挫折する

最近提案広場にあったものを例としてみてみましょう。

装備が高すぎて全く適正レベルに更新できず困っている。

ダンジョンなどで必要な装備が手に入る形にしてほしい。急激にやる気がなくなってきた。

f:id:Haresa:20180806202253p:plain

ストーリーを進めても収入がないのに、コインが高いので店売りコインで破産する。

f:id:Haresa:20180806202305p:plain


まったく事前知識なしに始めた人が「普通に冒険」したらまあそうなるでしょうね…、という感じです。

f:id:Haresa:20180806213601p:plain

入門者が序盤に普通の流れの中でお金を得るのは、この小国の日替わり討伐くらいでしょう。
しかもこれ、目的地に行って討伐するのでかなり時間かかるんですよね。それで得られるのは多くて1万Gといったところです。

このような問題は今に始まったことではなく、ずっと以前から言われ続けていることです。

レベルに見合った装備品を使って楽しむバトル、最新の装備を手に入れる喜び、そういったRPGの醍醐味を得られなくなってしまっています。

f:id:Haresa:20180803145637p:plain

と、開発自身も認めているところです。この問題認識は正しいと私も思います。

白宝箱で解決したか

その解決策として、Ver4から鳴り物入りで登場したのが白宝箱です。 f:id:Haresa:20180806203420j:plain

もっとカジュアルに装備品を入手できくちゃならないんじゃないか? バザーとドロップは両立できるんじゃないか? そういった議論を重ね、新バージョンを始める機会にあたり、このシステムを採用することを決心しました。

f:id:Haresa:20180803145637p:plain


さて、これで入門者は狙い通りRPGの醍醐味を感じられるようになったでしょうか?

上の提案にも見て取れる通り、私はまったくなっていない、と思っています。

白宝箱はなぜ失敗したのか

なぜ白宝箱では解決しなかったのでしょうか。

必要な装備を手に入れるために倒すべき敵がわかりにくいとか、必要なものが手に入るとは限らないとかの問題もありますが、一番大きいポイントは別にあると思います。

それは、やることの中身が単調な戦闘をひたすら繰り返すことだという点です。

f:id:Haresa:20180725102016p:plain

冒頭の宣伝をもう一度見てみましょう。「普通に冒険」するだけでもガンガンレベルが上がる、と言っています。
従来のレベル上げ、その多くは単調な戦闘を繰り返すというものですが、それは必須ではないというアピールです。つまりは普通の冒険ではないと認めているんですね。

なのに白宝箱で装備を手に入れる方法は、まさにそのひたすら単調な戦闘を繰り返すというものです。

ということは、普通に冒険していたら装備は手に入らないんですから、解決になっていないんですね。

序盤コンテンツの強化

f:id:Haresa:20180806220115p:plain

旅人バザーでは、最新付近の装備と結晶装備以外は出品自体がごくわずかですし、割高です。

白宝箱は、あまりにも時間がかかり過ぎますし、やることの中身も楽しいと感じる人が少ない内容です。

後から始める人が楽しみつつ進めやすいようにするには、まずストーリー進行だけで1職用の適正装備は手に入って良いと思います。

その上で、じっくり遊んでもいけるように序盤から楽しめるバトルコンテンツもあると良いですね。
いまあるものの中から考えれば、魔法の迷宮がもっとも適した候補でしょう。

f:id:Haresa:20180806222553j:plain

魔法の迷宮を特に新しく始めた人が楽しみつつ成長できる場になるように作り直してほしいところです。

経験値や装備を今の基準でみて十分なだけ得られて、他人と知り合う機会にもなったらいいですね。
新規プレイヤーだけだとマッチングが不足すると思うので、既存プレイヤーも一緒にできるような仕組みも必要かもしれません。