ハレサレポート

ブログ移転で旧ブログのURLが変わっています。記事が見つからない場合はメニューの旧ハレサレポートへどうぞ。



死神スライダーク 過去と現在のシャインソードの範囲

f:id:Haresa:20180824162233p:plain

死神スライダークには、一時期シャインソードの範囲が広くなっているという不具合がありました。だいぶ前ですが、これは現在では修正されています。

今現在のシャインソードの範囲は修正前と比べてどうなったのか、確認してみることにしました。

調査方法

調査には、女帝のタロットとベンガルクーンなどを利用します。

f:id:Haresa:20180824162722p:plainf:id:Haresa:20180824162738p:plain

女帝のタロット(Bランク以下)は射程距離が5mと占い師のタロットの中で唯一10mより短いです。
これに射程距離を延長するモンスターを組み合わせて、5~10mで射程距離を細かく調整することができます。

射程距離最大を保っているときに、相手のシャインソードに当たるかどうかをチェックします。ベンガルクーンによる射程距離の差はわずか0.2mなので、これの有無で当たるかどうかの差ができるラインが、シャインソードの範囲と考えて良いと思います。

現在のシャインソードの範囲

まずはミケまどう2枚での、射程距離9mです。

f:id:Haresa:20180824163422p:plain

シャインソードに当たりました。

今度はミケまどう2枚+ベンガルクーンで、射程距離9.2mです。

f:id:Haresa:20180824163515p:plain

シャインソードに当たりません。

現在のシャインソードの範囲は9m

で間違いなさそうです。

過去のシャインソードの範囲

修正前の範囲はどうなっていたかというと、以前の記事で同じ方法で調査したことがあります。

haresa.seesaa.net

その時の結論は、ピッタリ12mというものでした。

f:id:Haresa:20180824164203p:plain

この時の記事では不具合前の範囲を画像から予想もしていて、9mくらいじゃないかな?という感じでした。
今回修正後の範囲はぴったり9mなのが確認できたので、たぶん最初も9mだったんでしょうね。

(たぶん)9m→12m→9m

という風に変化してきたんですね。

わかりにくい公式発表

ところでこの不具合の修正がされたとき、珍しくチーフプランナーのコメントが出ていました。こちらです。

f:id:Haresa:20180824165041p:plain

シャインソードの範囲が広くなっていたころと同時期に、なぎはらいなどの範囲がいつのまにか狭くなっているという変化がありました。

haresa.seesaa.net

こちらの記事で確認した現象ですね。
シャインソードの範囲が広くなっていたのは、これをシャインソードにも適用してしまっていたからだという説明がされています。

私はこの説明は怪しく思っています。修正前の範囲はピッタリ12mだったからです。
もし、なぎはらいなどと同じく対象からの範囲になっていたのだとしたら、範囲は対象の位置によって変動するはずです。

どういう意図でこのようなコメントをしたのか謎ですが、当時正直に事実を書いたほうが良いんじゃないかと感じたのを思い出しましたね。

追記

その後、改めてコメントの意味について考えてみたら、なんとなく言いたいことが分かった気がします。
該当する範囲攻撃の仕様を変更することで、実質弱体化してしまう。なので、敵側の攻撃範囲を強化して埋め合わせする、という意図が書かれていないけど前提としてあるということではないでしょうか。(でも味方側はそのまま…)
そして、シャインソードも強化するべき攻撃だと勘違いしていたと。そういうことが言いたかったんでしょうか。