ハレサレポート

ブログ移転で旧ブログのURLが変わっています。記事が見つからない場合はメニューの旧ハレサレポートへどうぞ。



ゴレオン将軍での占い師

今回はゴレオン将軍の持ち寄りパーティでの占い師です。

いままで紹介してきた汎用型デッキでも十分戦えますが、せっかくなので専用デッキも考えてみました。

ゴレオン将軍用デッキ

ゴレオン将軍用に調整してみたデッキがこちら。

f:id:Haresa:20190111155031p:plain

定期雑魚に対応

定期的に出現してくる雑魚敵を排除しやすいように、強力な範囲攻撃を毎回できるようにしているのが一番のポイントです。

f:id:Haresa:20190111155638p:plain

最初にカデスの牢獄召喚をしたら、すぐに魔王のいざないでこの手札を確保します。

この時、手札の並び順が標準のこの並びになるように、魔王のいざないを使う前にSSSタロットが手札にある場合は使うかひき直しをするかして手札から消しておくのがコツです。

f:id:Haresa:20190111155838p:plain

しのどれいが出現してきたら、デュラン塔とキングヒドラ死神で一掃です。

しのどれいは1分後に再出現してきます。(次がデスストーカーだった場合は1分半後)

それまではデュランとキングヒドラを使って空いた右2枠の手札を使っていきます。バラモスゾンビの塔は温存です。バラモスブロスの審判も緊急時用ですね。

f:id:Haresa:20190111160555p:plain

そろそろ雑魚がまた出現する頃になったら、今度はエンゼルの導き。手札の右2枠に入るのでこの形になります。魅惑の水晶球も使っておきましょう。

この手札から、バラモスゾンビの塔→エンゼルスライムでオーラの死神、と動けば再び強力な範囲攻撃で雑魚を素早く処理できます。

そしてまた、右2枠の手札を使いつつ、次に雑魚が来る頃には魔王のいざないがまた使えます。こうして魔王のいざないとエンゼルのみちびきを交互に使うことで毎回強力な塔&オーラ死神コンボでの攻撃が可能です。

その他の意識したこと

ゴレオン将軍の攻撃はほとんどが物理型で、守備力の影響が大きいので教皇が効果的です。いつもより多めに使えるようにしています。
あとは、不意の死亡が割と起こりやすいので、単体攻撃よりも立て直しのための蘇生と力のタロットを多めにしています。

ルカニでの補助もできる

前衛構成のパーティで効果的な補助に、守備力低下(ルカニ)効果があります。

占い師はタロットや特技ではこれが使えませんが、実は実用的なルカニ付与手段を持っています。

それは、アステルウィップによる通常攻撃の追加効果です。

f:id:Haresa:20190111155231p:plainf:id:Haresa:20190111155248p:plain

今回使用したのは、この二つの装備。他にもベルト枠に輝石のベルトでさらに上乗せすることもできますね。

f:id:Haresa:20190111155057p:plain

魔王のいざないやエンゼルのみちびきを使って必要な手札を確保した時などは、タロットの使用を一時保留する必要があります。
こういう空いた時間に、通常攻撃をしてルカニ状態を与えておくとより優秀な補助役になれると思います。

ちなみにアステルウィップによるルカニ効果の効きやすさですが、錬金効果が良ければ鉄鋼斬や短剣以外の呪文ルカニよりも効きやすいというくらいあります。他の手段に見劣りしないということですね。

ゴレオン将軍のルカニ耐性はどうやら75%カットのような感じです。デュアルブレイカーが効いていればすんなりルカニにできますし、デュアルブレイカーがない場合でもそこそこは効くという感じです。