ハレサレポート

ブログ移転で旧ブログのURLが変わっています。記事が見つからない場合はメニューの旧ハレサレポートへどうぞ。



剛勇のベルトは占い師の攻撃強化にも使えそう

f:id:Haresa:20190112211516p:plain

今回は、占い師にとっての剛勇のベルトという視点で考えてみたいと思います。

剛勇のベルトは占い師にも魅力がある

剛勇のベルトの性格は、基本的には防御向きです。
攻撃を重視することが多い占い師とはあまり相性が良くないと言えそうですが、実は攻撃面でも魅力があるのではないか?というのが今回のテーマです。

f:id:Haresa:20181111041527p:plain

それは、戦車型占い師スタイルで戦う場合です。

HPは攻撃力に換算できる場合がある

戦車型デッキを使うのは、属性耐性が強い常闇や聖守護者のことが多いのですが、そういう敵は攻撃が強いのでHPも高い方が良かったりします。
なのでプラチナキングをデッキに入れてHPを強化するということが割とよくあります。

そういう場合、装備でHPが上がることは攻撃力を上げられることとほとんど同じです。プラチナキングで上げているHPをその分タイプG等に置き換えることができるからです。

f:id:Haresa:20190113201045p:plain

プラチナキング2枚はHP16、タイプG2枚は力8でバイキルト時の攻撃力では11です。

HPを伝承した剛勇のベルトが丁度HP16なので、剛勇のベルトはこの時点で攻撃力11を持っているのに近いと考えることができます。

良い効果はダメージを増やす

戦車型占い師にとって火力強化になる要素はもう一つあります。
良い効果による戦車ダメージの上乗せです。

良い効果は、一つにつき通常戦車では攻撃力23.6。オーラ戦車では攻撃力30.4に相当します。ここでは平均して28相当と考えてみましょうか。

剛勇のベルトは天使の守りとヘヴィチャージを付与する能力を持っています。

この内、天使の守りのほうは効果時間が無限です。死なない限りずっと残っているということです。
発動率を最大の25%とした場合、攻撃力7に相当します。しかもこの効果以外に緊急時への保険としての本来の効果も同時に持っています。

ヘヴィチャージの方は効果時間が90秒と短いですが、発動率が高いです。
想定する戦闘時間を仮に15分とした場合、開戦時50%ヘヴィチャージは攻撃力1.4相当となります。戦闘時間が短いほど大きくなり、長いほど小さくなります。

剛勇のベルトと戦車

という感じで、剛勇のベルト(天使の守り合成)の戦車への影響は、全部でだいたい攻撃力20くらい相当はあるのではないか?と考えることができます。

f:id:Haresa:20190113195102p:plain

場合によっては攻撃力+14の戦神のベルトよりも良い選択肢になり得るのかな、という感じがしますね。

HP伝承&天使の守り合成というのは回復役全般用としても有用なので、この組み合わせもできれば完成させたい候補と思っています。